エロ博士SMのプーケット夜遊びツアー 本文へジャンプ
 

プーケットへのアクセス・交通情報


プーケット島とは


プーケットのコヨーテ置き屋夜遊びへ行こう

僕にとっては庭のようなプーケット島!しかし、意外に知られていないことが多いのです。
プーケットと言葉はよく聞くけど、どこの国のどこの島だか知っていますか?
東南アジアの夜遊び男組、彼らはおそらくどこだか知っているであろうが、タイランドに属すること、意外に知らない人も多い島です。そう、南国リゾートだから、世の中から逃避行したい人が世界各国から集まってくる島です。ファラン(欧州人)は昼間っから�ビールをひっかけてるやつらが多い島。堕落街道に落っこちそうになる島です。

なんでこんな南国の小さな島がリゾートになったのか、
40年前の映像を見ると畑しかないド田舎の島が今や僕や夜遊び組の男性諸君にはウホウホの島なのである。精神的に参っている人にも人気の島で、昼は海ビーチでのんびり、夜はもちろんバー街へ繰り出るのが一番の薬である。僕も嫌なことがあると、パーと夜のバー街で一発やってしまうのである。




交通アクセス

プーケットタウンで連れ出し高級クラブゴーゴーバー

プーケットに興味を持った方、僕の情報をみて行ってみたいとなっても、一体どこにあるのか、まだわからない人にお教えしましょう。10年前は日本から直行便が飛んでいましたが、現在すべて廃止に!なんで僕の楽園アイランドに日本からの直行便がないのかSMは理解できません。アクセス面としては日本からの野郎どもには少々ハードルが高くなったの残念でならないSMです。ではどうやってアクセスするかというと、バンコク経由、クアラルンプール(マレーシア)経由、シンガポール経由の飛行機を使うのが一般的。格安ツアーになると、中国経由の飛行機もあります。地方からのアクセスだと、日本の主要空港から乗り継ぐよりもインチョン(韓国)経由の方がアクセス便利なことも多々あります。日本ではまだ一般的ではないかもしれないが、Air Asiaなどの格安航空会社も日本路線に参入したので、エアアジアのセールを狙って早めに夜遊びの日程を確保するのもよし!昔と比べると移動時間はちょっと増えたけど、エアチケット代は安くできる可能性は高いです。現地での十分な遊び代を確保するために、少しでも安いチケットを見つけることは重要です。
上記のルートの中でも最短ルートはバンコク経由です。日本からバンコクまで6時間程度、バンコクからプーケットへは1時間15分程度の移動です。バンコクで夜遊派な方もたまにはちょっと足を延ばしてプーケットはいかがでしょう?SMが南国リゾートならではのスポットをガイドします。





プーケット空港からホテル(各エリア)まで

焼肉ジュージューSMと作戦会議美味しいタイ料理
いよいよプーケット空港についたら、ホテルに移動です。ここで、空港からホテルのあるエリアまでどうやって移動したらよいのか説明します。夜遊び族が主に宿泊するのはパトンビーチ・カロンビーチ・カタビーチのメインビーチです。そして僕の情報を見て、夜遊び一本で来られる方はプーケットタウンに宿泊される方もいます。
どのエリアへも空港からタクシーで約45分~1時間となります。気を付けて欲しいのが空港からの乗り合いミニバスです。一人250B程度と安いのですが、いろいろなエリアを回りながらホテルに向かうので、2~3時間かかったという声もよくききます。夕方に到着したのであれば、夜に備えてすぐに移動できるタクシーを利用しましょう。もたもたしているとプーケットの夜はすぐにやってきてしまいますよ。
バンコクでは電車がありますが、プーケット島内には今現在電車がないので、空港からのアクセスは車のみとなります。そしてタクシーもバンコクと違い流しのメータータクシーは本当に少数なので空港からの移動は主に前払いのリムジンタクシー利用となります。空港からのタクシーを手配してほしいという方はSMにお気軽にお問合せ下さい。





移動手段番外編

プーケットの秘密ナイトスポットバングラー通りで夜遊びバングラー通りのバー
日本からの移動は飛行機が一般的となりますが、バンコク、クアラルンプール(マレーシア)、ペナン(マレーシア)からのアクセスだと長距離バスを利用することも可能です。僕も実際バンコクやペナンへはよくバスの移動も利用します。バンコクからの長距離バスだと999という会社が有名で座席の種類も多数あります。ビジネスクラスのような広々したシート、足のピッチがやや広いタイプのシート、ノーマルシートとありますが、最上級のVIPシートがおススメです。VIPシートだと途中に立ち寄る休憩で食事もつきます。マレーシアからの移動だとミニバス(ミニバンタイプの車)を乗り継ぐことになり、初心者にはあまりお勧めしません。バンコクからだとタイ国内の移動なので、さほど難しくありませんが、利用者の多くはタイ人で外国人は極端に少ないと思います。タイ国内にはエアアジアの他、多数格安航空会社もあるので、バスを利用するよりも飛行機を利用してもそれほど料金は変わらないということも良くあります。セールによっては飛行機の方が安いということもしばしありです。




 興味のある方はお気軽にお問合せください!→SMにお問合せ